喪中の中であえて年賀状だしてみた反応

昨年の正月はおととし父親が亡くなったこともあり年賀状を書くことはありませんでした。もともと書いている枚数も少ないこともありましたが、喪中のハガキを出していたので誰からもきませんでした。

今年は喪中があけましたが、これを機会に年賀状を書く枚数を減らそうと考えました。正直にいうとすべて妻があて名書きからデザインを選択して家にあるパソコンで印字していたので面倒だからという理由ではないです。ガラケーを購入したのも最近なのでメールやラインで代用しようということでもないです。
喪中で1年間年賀状のやりとりがなくてもまったく問題がなく、儀礼的にしていることに気がついたからです。そこで今年は半分ほどの人にだすことをやめることにしました。
大晦日から正月にかけて実家に行くと父親あての年賀状が数十枚届いていました。生前は300枚ほどだしていたみたいなので父親が亡くなったことを知らない人からです。母親も複雑な表情をしていました。

家に戻り自分あての年賀状を見てみると、出すことをやめた人からかなりきていました。仕方ないので返事をだしましたが、なかなかやめることは難しいなというのが実感です。

コメントは受け付けていません。